脱毛症女性から2323月下美人へ
脱毛症女性の種類と原因>分娩後脱毛症:の記事一覧です。
TOP> 脱毛症女性の種類と原因>分娩後脱毛症

分娩後脱毛症について

女性特有の脱毛症状の一つに、「分娩後脱毛症」があります。

妊娠中や妊娠後期にはエストロゲン等の、
女性ホルモンの分泌が増加するため、ヘアサイクル(毛周期)が
一時的に変動します。 その為、ヘアサイクルの成長期が長くなり
本来抜けるべき髪が抜けずに成長を続けていきます。

そして出産が終わると女性ホルモンの働きが正常に戻る為、
本来抜けるべきであった髪が一斉に抜けてしまうのです。


この脱毛症状が「分娩後脱毛症」です。
ですから、分娩後脱毛症で抜けた髪は本来抜けていた髪なのです。

しかし、成長期の毛髪の数が減るわけですから一斉脱毛すると、
一時的に薄毛がとても目立つことになります。
脱毛は出産後2ヶ月くらいから始まり、出産後6ヶ月くらいまで
続きますが通常は1年以内には元の髪の状態に戻ります。


早く分娩後脱毛症を回復したい人は、髪の有効成分である
カルシウムタンパク質を多く補給して出産で消耗した体力を
回復させるように心がけましょう。

また欧米では、出産後(出産前にも)の一斉脱毛の予防に
ミレットエキスを服用しており、大変効果があると言われています。

ミレットエキスの詳細へ


・・・もし、出産後の脱毛がいつまで経っても治まらない場合は、
別の原因によることも考えられます。 例えば慣れない子育てなど、
ストレスの要因が脱毛に影響している場合もあります。
この場合は、分娩後脱毛症とは違いますので別の配慮が必要になります。

また、高年齢で出産した女性の分娩後脱毛症は自然には
回復しにくいと言われています。
その為、なるべくストレスを溜めないようにして、生活習慣の改善、
育毛サプリメントなどの脱毛予防対策を考えてみる事も大切です。


生活習慣の改善の詳細へ

おすすめ育毛サプリメントの詳細へ
TOP> 脱毛症女性の種類と原因>分娩後脱毛症
脱毛症女性の種類と原因>分娩後脱毛症:の記事一覧です。

トップページへ
トップページはじめての方へ第1項目第2項目第3項目女性用育毛剤女性用シャンプー髪の健康お問い合わせ
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Copyright (C) 脱毛症女性から2323月下美人へ All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。