脱毛症女性から2323月下美人へ
毛髪と頭皮のしくみ>毛髪のしくみ:の記事一覧です。
TOP> 毛髪と頭皮のしくみ>毛髪のしくみ

毛髪の基本構造(毛根と毛幹)

毛髪は頭皮から出て目に見える「毛幹」と呼ぶ部分と、
頭皮の中にあって目に見えない「毛根」と呼ぶ部分とに
分けられます。

毛髪のしくみ


さらに毛根の深部には毛球と呼ぶ
ふくらんだ部分があり、
毛球は毛乳頭毛母細胞から
構成されています。




毛乳頭は、毛細血管から栄養素を取り入れて
毛髪の元となる毛母細胞へ供給します。
栄養素を吸収した毛母細胞は、分裂を繰り返して頭皮へ
向って押し上げられていきます。
この押し上げられた毛母細胞は、ケラチンと言う
タンパク質を蓄え
ながら死んでいきます。

この死んだ細胞の集まりが、毛髪と呼ばれるものです。

女性毛髪の構造

毛髪(毛幹部)の構造は3つの層から構成されています。
一番外側の層をキューティクル、中間部の層をコルテックス
中心部の層をメデュラと呼びます。


髪の構造


キューティクル(毛表皮)
キューティクルとは髪の表皮を構成する組織で、ケラチンと呼ばれる硬いタンパク質で出来ており魚のウロコの様に毛先に向かって重なり合い毛髪の内部を保護している。 またキューティクルは髪の水分を保持し、髪に艶を与え手触りを良くする役目がある。 しかし水分不足や摩擦などによりキューティクル(毛表皮)が壊れると、その内部にあるコルテックス(毛皮質)の繊維細胞をまとめきれなくなり、枝毛や切れ毛、また髪のバサつき等の原因のなる。 キューティクルはすでに死んでしまってる組織なので一度壊れてしまったキューティクルは再生できない。女性の育毛には美しさも重要なので大切な組織の部分です。)
コルテックス(毛皮質)
コルテックスは毛髪の約80~90%を占めており、細い繊維状の細胞からできている。 主成分はタンパク質でこのたんぱく質の状態によって髪の太さや強さが決まる。 またメラニン色素が含まれており、髪の色もここで決まる。
メデュラ(毛髄質)
毛髪の中心にあるメデュラは細胞と共に多くの空気を含んでおり外的な刺激で空洞ができやすいのが特徴。 メデュラの役目はまだ解明されてはいないのだが、髪の弾力や強さと関係していると考えられている。 一般的に太い毛髪にメデュラが多く、産毛や赤ん坊の毛髪には含まれない。 


※毛根部分の細胞は生きた細胞ですが、
 目に見える毛幹部(毛髪)の細胞は死んだ細胞なので
 痛みなどの感覚はありません。

女性のヘアサイクル(毛周期)

毛髪は一定のサイクルで新しく生まれ変わっていきます。
このサイクルをヘアサイクル(毛周期)と呼びます。

ヘアサイクル(毛周期)は、
成長期」→「退行期」→「休止期」の段階で進みます。
このサイクルは、個人差がありますが、基本的には、
女性は約4年~6年で繰り返します。(男性は2年~5年)


成長期
毛母細胞の分裂が活発で、髪がどんどん成長する時期。                       髪全体の約80~90%を占めている。
退行期
髪の成長が弱まる時期。                                                                   髪全体の1%がこの状態で退行期は毛球が縮小し毛髪を成長させていた毛母細胞の分裂が減少する。そして毛乳頭と毛母細胞が分離し毛根が頭皮の浅い所へ移動して頭皮が正常な場合、髪はこの時期に自然と抜け落ちる。(約2~3週間)
休止期
髪の成長が完全に休止する時期。                                                     そして次に生えてくる髪の生成が始まると同時に、脱毛が始まる。髪全体の約10~20%がこの状態。(約3~4ヶ月)        

日本人の毛髪は平均して約10万本です。
このヘアサイクルを考えれば、健康な毛髪でも1日に50~100本程の
抜け毛は当たり前の事なのです。

また退行期や休止期には髪の毛根が頭皮の浅い所にある為、
ブラッシングやシャンプー等で髪が簡単に抜け落ちます。
その為、1日に髪の抜け落ちる本数が100本以内であれば、
特に心配する必要はありません。



薄毛や脱毛症の大部分は何らかの原因でこのヘアサイクルが
短くなり、髪が成長期の段階で抜けてしまうものです。

毛髪の成分

毛髪の成分は、皮膚や爪と同じケラチンという
タンパク質で構成されています。

ケラチンを構成する成分をメチオニンと呼びます。
このメチオニンは体内で合成できない必須のアミノ酸です。
その為、毎日の食事から摂取しなければなりません。

またメチオニンが不足してしまうと薄毛や白髪、
ホルモンバランスの異常といった症状が起こります。
無理なダイエットで脱毛しやすいのもこのメチオニンという
タンパク質が不足する事が原因です




髪にとってもう1つ重要成分が皮脂です。
皮脂膜は、頭皮や毛髪の水分の蒸発を抑え、うるおいを保ちます。
また、有害な細菌の繁殖や侵入を防ぎ、紫外線などからも
髪や地肌を守る効果があります。

その為、
適度な皮脂は頭皮や毛髪にとって非常に重要な成分なのです。

間違ってこの皮脂を取り過ぎてしまうと、
皮脂腺は皮脂を補おうとして過剰な皮脂が分泌されるようになり、
脱毛の増加や育毛環境の悪化に繋がります。




シャンプーなどで洗い流された頭皮の皮脂膜は、
元の状態に戻るまでに約4時間ほどかかって再生されます。

その為、朝にシャンプーを行うと外の有害な細菌などから
頭皮を守る皮脂膜を落としてしまうことになり、
皮脂膜のバリアなしで、頭皮に対して外の厳しい環境へ
外出することになります。
この事から朝シャンは控えた方が良いでしょう。



毛髪と水分の関係

 健康な髪の水分量は11~13%と言われています。
健康な毛髪はスポンジ状になっており、髪が濡れると
その水分が適度にそのスポンジ状の中に入り込んで
髪の潤いを保ちます。


しかし傷んでいる毛髪は、
スポンジ状の穴が増えているため、
水分や湿気が入りやすくなってます。
そのため、湿度の高い日は髪がベタつきます。

乾燥した日はスポンジ状の穴が増えているため
髪の水分が乾きやすくなるので髪がパサパサになるのです。
TOP> 毛髪と頭皮のしくみ>毛髪のしくみ
毛髪と頭皮のしくみ>毛髪のしくみ:の記事一覧です。

トップページへ
トップページはじめての方へ第1項目第2項目第3項目女性用育毛剤女性用シャンプー髪の健康お問い合わせ
当サイト内の内容・画像の無断転載・転用については固くお断りします
Copyright (C) 脱毛症女性から2323月下美人へ All rights reserved.
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。